お母さんの近くにいると安心

愛犬はお母さんが大好き。

お母さんさへいてくれたらそれでいいって感じ。

今日もお母さんのおひざ元で寝そべっています。

DSC_0206

お母さんが近くにいればどんなことがあっても守ってくれるとおもっているのでしょう。

お父さんはご飯の時だけ寄っていきます。

ごはんをくれるのはお父さんってわかっています。

DSC_0208

私はごはんもあげないので、よってきません。

どんな時に寄ってくるかというと、食後に遊んで欲しい時です。

靴下を噛んで私の方に持ってきます。
引っ張ってほしいからです。

DSC_0209

ご要望にお応えして引っ張ります。
でも一歩間違うと本気で怒ります。

ほどほどにしとかないといけません。

お母さんの近くにいると安心

畑に愛犬を連れて行きました

お母さんは畑をしています。

畑に愛犬も連れて行きます。

愛犬は畑仕事の時はちょこんと座って母を見ています。

たまにとれたてのキャベツをもらえるので密かに楽しみにしていいます。

hatake1

愛犬はキュウリも好きです。

ミニトマトも好きです。

太っちゃいけないから取りあえず野菜でおなか満腹にさせられます。

たまには美味しいお肉も食べたそうです。

畑に愛犬を連れて行きました

夜の散歩

今日は日中結構暑かったので、散歩は夜になりました。

秋なのに、夏が戻ってきたような日でした。

DSC_0230

私が住む岸和田は9月が祭りです。

DSC_0231

 

一般的には10月に秋祭りを行うところがおおいですが、岸和田だんじり祭りは9月。

 

まだ夏の名残が残っています。

 

今日の夜の散歩コースは中央公園。

 

普段なら静かな公園でも、この時期はだんじりの練習のために青年団が声を合わせて走っています。

DSC_0232

 

だから夜なのににぎやかです。

 

愛犬も楽しそうに散歩。

 

愛犬は気分が乗らなかったら全然歩かないんですが。今日はノリノリなのか。

 

サクサク歩きます。

DSC_0233

 

途中で青年団の人が目の前を走って過ぎたときは、少し怯えていましたが・・・。
中央公園は結構広いので、夜の良い運動になりました。

 

愛犬も私も疲れてぐっすり寝ることができました。

夜の散歩

車で留守番中のマッサージ

母がホームセンターに用事があるということで、愛犬と私も同行。

すぐ買ってくるということだったので、私と愛犬は車内で母を待つこととしました。

DSC_0940

その間、愛犬と何して遊ぼうかなと思い、思い立ったのが、マッサージ。

犬も、足の付け根に疲労が溜まっているみたいで、マッサージすると喜ぶんですよね。

DSC_0941

普段は私にさほど気を許さない愛犬も、気持ち良いからか段々と体を倒し、目がとろーっとしてきます。

しまいに、目を閉じ、もっと揉んで~という感じです。

たまに、愛犬にとって嫌なところを触ってしまうと、「ガウ!!」っと怒ることがあるので要注意です。

DSC_0942

10分くらいマッサージしたところでお母さんがホームセンターから戻ってきました。
さっきまで寝そうになっていた愛犬も愛しの母が帰ってきて嬉しさがあふれかえっていました。

車で留守番中のマッサージ

嫌々のお手

愛犬はお手とおかわりができます。

が、いつもいやいやです。

早くおやつくれや。って顔をして渋々お手をしてくれます。

DSC_0208

あんまり何回もしつこくすると起こるのでほどほどにしないといけません。

そんな愛犬が好きなおやつですが、ささみ巻きチーズ棒です。

まるで、獣と化した形相で食べるので面白いです。

そして、かならずあげるとその場で食べずに、お決まりの場所まで加えて走っていき、決まった場所で勢いよく食べます。

DSC_0209

まるで「俺のものだ!!」と言わんばかりです。

DSC_0211

そんな愛犬はお母さんが大好きなのですが、お母さん以外の家族には見向きもしないという姿勢です。

お母さんの前ではまるでマザコンの息子のように、お母さんが出かけると早く帰ってきてほしいという感じで常にドアの前で待っています。

私が「お母さん帰ってきた!」と言うと言葉がわかるのか、喜んでくるくると動き回ります。

たまに意地悪して、「お母さん帰ってきた!」「うそだよー」と遊びます。

少しはお母さん以外の人にもなついてほしいものです。

嫌々のお手

近場でリゾート気分が味わえる赤レンガ倉庫周辺

友人の家は、ヨークシャーテリアとポメラニアンが一緒に生活をしています。

現在、横浜に在住しているため時間がある時には海沿いでお散歩をさせたくて、みなとみらい方面やその周辺にある赤レンガ倉庫にお出かけをしているそうです。

DSC_0615

週末や祭日は駐車場が混んでいますが、平日は駐車場がとても空いていて人もそんなにいないので、海辺をお散歩させたい時にはとても素敵な場所です。

赤レンガ倉庫内には、ワンちゃんと一緒に食事が出来るスペースがあり倉庫内で好きなお店のお料理を、ワンちゃんがOKエリアに持っていって一緒に食事やスイーツを食べることが出来るので、愛犬連れにはありがたい所だそうです。

赤レンガ倉庫内のその他のスペースにワンちゃんは入ることは出来ませんが、その周辺をお散歩させて私は海風を感じたり、公園のように芝生のスペースがあるためお天気が良い日は気持ちがいいし、近場ながら、まるでリゾート感覚になります。

時には、横浜港に入船してくる大きな船を眺める事が出来たり、夕方は海に浮かぶような夕焼けはとても美しくて日常を忘れさせてくれる気分です。

夜は夜景もとても綺麗なので、とてもお気に入りの場所の1つになっているようですね。

最近、赤レンガ倉庫の隣に、マリンアンドウオークというワンちゃん達にも優しい、まるで海外のような雰囲気で素敵な飲食店やショッピングが出来る商業施設ができました。

そこは、とてもオシャレなカフェや本格的なレストランが入っていますが、テラス席も多く、それも海に面して作られているため気持ちがいい海風を感じて食事を取ることが出来るそうです。

お腹がすいて飲食や少し休憩をしたいときには、本当に海外のような感じで遠くに行かなくても、他のワンちゃんを見ていても、とても楽しそうに見えるようです。

 

そこの、マリンアンドウオークは敷地内もワンちゃん連れDSC_0614に色々と工夫されていたり、今まで一緒にお出かけが出来ない感じなお店でお料理を堪能が出来て個人的に満足していると言っていました。

あと赤レンガ倉庫はイベントなどが多く、クリスマスシーズンだとしばらくクリスマスマーケットを行っていて外国のクリスマスを再現している感じが気にっているようですね。

まだ早いですが毎年楽しみにしている行事の1つです。ワンちゃんを連れた人も多くクリスマスマーケットで買った食べ物を外に用意されているテーブルで一緒に食事をすることも出来て、一緒に楽しむ事できるのでとても大好きな場所だそうです。。

ワンちゃんと一緒に景色が良い場所でお散歩をして食事をすることが出来て、海を見ながらのんびり出来るので、赤レンガ倉庫周辺に愛犬を連れてお出かけすることが大好きみたいです。

私も横浜に行った際には愛犬を連れて赤レンガ倉庫を散歩して楽しみたいと思います。

近場でリゾート気分が味わえる赤レンガ倉庫周辺

愛犬とのお泊り体験

私が大学院に進学した時の話です。

他大学からうちの研究室に来た同級生の女の子が千葉県出身で、同じ関東圏の私の実家と近かったのです。

とても気さくな子で、その子の大学時代の友達が私の知人だったり、同じように犬を飼っていることも分かり、とても仲良くなれました。

私達は、夏休み、その友達の実家に泊りがけで遊びに行き、一緒にディズニーランドに行く計画を立てました。

研究室でのスケジュールを何とか調整し、大体〇日くらいにお泊り会ね、と約束してお互い実家に帰りました。

実家に帰って、両親に、「○○ちゃんの家にお泊りに行きたいんだけど。」

と話すと、何と2人で旅行の計画を立てていて、その日程とかぶっていたのです!

DSC_0555

犬をどうしようか・・という話になり、友達に相談したところ、「一緒に来れば?」と、アッサリ。

うちの愛犬は旅行などしたことないので心配でしたが、もうそれしかありません。

私は2泊3日帰って来ませんし、両親はもっといません。

真夏の炎天下に3日分のエサと水を置いて・・というのは酷です。

急遽、うちの犬が入るペット用のバッグを買い、私と一緒にお泊りに!

犬も乗車券がいるのかどうかが分からなかったので駅員さんに確認した所、手荷物扱いになるらしく、300円ほど支払いました。

友達の家にも犬が1匹いて、お互いに大人しい犬だったので、一緒の場所につなげてもらいました。

心配で何回か様子を見に行ったのですが、お互い、遊ぶ訳でもなく、喧嘩する訳でもなく、興味がないのか知らんぷり。

次の日の朝、ディズニーランドに向かう前に散歩に出掛けました。

迷子にならないように、広い道をずっと真っすぐ進んでいるとサミット(スーパー)があったのです。

するとうちの犬の歩みがピタリと止まりました。

実は、私の実家の近所にもサミットがあり、そのすぐ近くに焼き鳥屋さんの屋台が出ていて、よくそこで焼き鳥を1本買って半分こしていたのです。

でも、ここのサミットには焼き鳥屋さんはないので、

「ここのサミットには焼き鳥ないんだよ、帰ろう!」と説得したのですが、テコでも動きません!

DSC_0613

どの方向に引っ張ってもダメで、でももうディズニーに出発する時間も迫っているし、私は愛犬を抱えて(抵抗されました・・)サミットが見えなくなるまで走りました!

汗だくで散歩を終え、何とかディズニーへ!

あのお泊りで、場所が違うのに同じような作りの別店舗のサミットを見て焼き鳥を買ってもらおうとした賢さ(食い意地)は凄かったです。

別の家でもグースカ寝て、いつもと違う餌でもバクバク食べる図太さを目の当たりにして、うちの家族に似てるな~と笑ってしまいました♪

愛犬とのお泊り体験

愛犬との函館旅行

3月に愛犬を連れて函館まで旅行に行きました。

私の住んでる町からは車で高速道路を使って半日くらいかかります。

犬を連れているということもあり高速道路は使用せず一般道を使用していきました。

車酔いをする犬ではなかったのですが、その日に限ってなぜか「うぷうぷうぷ」と怪しい動きを見せる。

怖いので途中でこまめにコンビニに立ち寄り気分転換のために散歩することに。

DSC_0554

何度か繰り返していると犬も学習したのか車のあちこちを移動して飽きると尻尾を振りながら「うぷうぷうぷ」と怪しい音を出す。

でもどっからどう見ても尻尾振って元気そう。

そうしていちいち止まって目的地に向かい、最終的に家を出たのが朝4時で当着したのが14時。かなり時間がかかってしまった。

旅館に到着して部屋に向かうと通路には沢山のワンちゃん達がいました。

ペットと宿泊できるということもありなかなか賑やかな旅館となっていました。

荷物を置き部屋を見ると見知らぬ犬がおり、肝心な我が家の犬が失踪。

ひたすら部屋を探しあちこちを探してもおらず、再度部屋の押入れを確認すると扉が開いていた金庫の中で丸まって寝ている。

まさに我が家の宝物と感じた瞬間でした。夜になりお風呂に行き湯船に浸かっていると、何かが背中に当たる。

見てみると部屋から脱走してきた大型の犬が飼い主の制止を振り切り浴槽で犬かきをしている。

なんか和む光景でした。夕食時にはさすがにお犬様たちは食堂に入れず部屋でお留守番。

すると飼い主がいないことに腹を立てた犬たちは吠えまくり、旅館は犬たちの怒りの合唱に包まれていました。

すごい豪華なことに犬用のスイーツを用意してくれており犬たちの方が豪華なものを食べているような気にもなりました。

長い移動だったということもあり疲れ果て布団に犬と入っていると、突然胸のあたりが重くなり息がしずらい。

しかもだんだんと温度が上がっていき暑い。

DSC_0611

起き上がって何が起きたか確認すると、廊下に脱走した犬たちが部屋の扉の隙間を鼻でこじ開け私の部屋に侵入してきて好き勝手なところで寝ていました。

胸の上で寝ていた犯人は露天風呂で犬かきをしていた大型犬でした。

帰すのも可哀想なのでそのまま放置して寝ていると段々と大型犬が私の布団を占領しついには、私の愛犬と大型犬に占領され私は座布団で寝ていました。

朝になると出発時間がほとんどの人が被っていたので、一斉にお散歩が始まり飼い主さん達に挨拶し私たちも新しく旅先で友達ができ、犬たちもいいお友達ができたようでした。

怪我も病気もなく楽しめたのでいい旅行でしたが、次は犬を預けて一人で旅行したいですね。

愛犬との函館旅行

愛犬とのお散歩

わたしはまだ結婚する前の話しですが最初に買った犬がいます。

今は天に召されましたが、初めての犬を飼うので嬉しくてたまりませんでした。

その時はインターネットで購入しました。わざわざ東京から関西まで飛行機できました。

ものすごく愛くるしいポメラニアンです。とてもひとなつっこくてかわいらしいです。

その子とある日天気の良い日に散歩に出かけました。

DSC_0557

いつも、伸縮自在のリードを持ち、それを人が少ない広々とした畑というか、原っぱというか、いいにくい場所で、いつも走りまわりにいきます。

愛犬もとても楽しそうに走ります。わたしも一緒について走るのですが、とてもじゃありませんがおいつけません。

愛犬のほうが早いのはあたりまえですがね。その原っぱには、季節季節できれいな花が咲きほこります。

ラベンダーやコスモス桜に梅、ひまわりやレンゲと色とりどりの花が咲きます。

そこで、嬉しそうに走り回る愛犬はとてもかわいくて、そう思うほどに自分は愛犬馬鹿なのかと思います。

他には場所では、ありませんが、愛犬はいつも車で一緒にどこかに行きますが、ウインカーを出すといつもとても吠えます。

右にウインカーを出すと左に行き吠えまくり、左にウインカーを出すと右に吠えまくります。

なぜかは今だにわかりませんが、必ずほえてました。だからたまにウインカーを出さずにまがるとほえないので、ちゃんとウインカーの音を理解しているのだなぁっと思います。

家と車の中ではよく吠えていますが、そこからでるとまったく何も言いません。きっと内弁慶なのでしょう。

犬にもいろいろな子がいます。犬によってまったく性格が違います。

うちの愛犬のように内弁慶なものもあったり、逆にだれにでもしっぽをふって常に人なつっこくしている犬もあります。

人なつっこいのもよいですが、たまにだれにでもついていく子もおります。

うちの愛犬は内弁慶ですが人なつっこくて、しっぽこそふりませんが、だれにでもだっこをされてしまいます。

そのことが心配で、だれにでもついていっていまいます。きっと迷子に、なっても帰ってくることはないのでしょう。

DSC_0411

最後に、神社に行ったときに人間は金をならし、手を叩いて拝みますが、犬も一緒に拝むことを学んだようでいつも神社にお参りするときには拝んでいます。

もしかしたら、愛犬の考えでは拝んでいると言う自覚はないのでしょうが、きちんと手を揃えて拝まれています。

おばちゃんがちかくに写真をとらせて欲しいと、とてもお願いすると、愛犬からも手を合わせておがんでおります。

そんな最初の愛犬との思い出も懐かしく、今飼っている犬も愛情を注いでます。

愛犬とのお散歩

大好きな愛犬と一緒に

私の愛犬は大の甘えん坊。

常に一緒に居ないと体調を壊してしまう程の寂しがり屋です。

なので何処へ行くにも一緒で、寝る時も一緒で本当に年の離れた弟の様な存在です。

そんな愛犬とよく行くのが大きな芝生が広がっている公園。

いつもなら紐を付けているので身動きが制限されてしまうのですが、その時ばかりは自由に走らせているんです。

端から端まで全力疾走で走りぬけ、笑顔で駆け抜けます。

DSC_0430

またその笑顔も口がこれ以上広がらないんじゃないかと思うほど全開に開けて笑いながらこっちに向って走って来るので、ついつい爆笑してしまうんです。

本当に幸せなんだなと思い、こっちまで顔がほころんでしまいます。

愛犬は男の子なので、物凄くやんちゃでいたずらっ子。

いつもなら傍から必ず離れないのにその時は一人でどっかへ行っちゃうこともしばしばなんです。

でも、面白いのは食べ物に貪欲なこと。

ついつい遠い方まで一人で走って行ってしまっても、家族がクッキーを持っていれば跳んで帰ってきます。

その帰ってくる姿がまるでウサギのよう。ピョンピョン走って来ます。

さらに全開の笑顔。 本当に可愛すぎて愛しくて見ていて飽きないです。

そんな彼なんですが、弱点があります。それは、なんと犬なんです。

自分も犬なのに自覚がないかのような振る舞い方をすることがあります。

多分自分も同じ人間だと思っているんでしょう。

見て見ぬふりをしたり無視してしまうこともあります。

なので公園で出会った度々近づいてきてくれる他のわんちゃんにも自ら接しようとしません。

怖がったり吠えたりして全然親しくしようとしないんです。

ですが、人間は慣れれば大丈夫なようで時間が経てば吠え無くなるし頭を撫でられても平気な顔をしています。

人見知りならぬ犬見知り発生中なのがうちの子です。

そんな彼と少し前に菖蒲園へ行きました。

人間よりも倍の嗅覚を持つのが犬の特徴ですよね。

DSC_0432

やっぱり香りの良い花に向かったり引っ張って連れて行ったりしてくれました。

菖蒲園は人も多いので少し心配になりましたが、夜だったので人も暗くて見えないのが良かったようです。

毎回写真をよく家族で撮るのですが、彼が写っていない写真はないんじゃないかというくらい常に写っているのも印象的です。

飼い初めから今に至るまで彼との思い出は沢山あります。

そしていつも幸せな気持ちと喜びを与えてもらっています。

これからも、もっと写真が増えていくだろうし思い出も増えていくと思います。

色んなところに連れて行ってあげたいし、色んな景色を見させてあげたいです。

そして一緒に笑って毎日を過ごしたいです。

こんな気持ちにさせてくれる愛犬に感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも沢山愛情を注ぎ続けて人生を一緒に歩んでいきたいと思っています。

大好きな愛犬と一緒に